財団について

【組織図】

組織図

【沿革】

昭和51年4月
財団法人松江市教育文化振興事業団 設立(旧民法34条)
 
松江市総合体育館・松江市営陸上競技場、白潟体育館の管理運営を受託
11月
屋内温水プールの管理運営を受託
昭和52年10月
昭和グラウンド閉鎖
昭和53年4月
松江市楽山野球場、庭球場の管理運営を受託
6月
松江市営補助競技場の管理運営を受託
11月
松江市営野球場の管理運営を受託
昭和55年7月
松江市営庭球場の管理運営を受託
昭和56年5月
松江市営陸上競技場の管理運営を受託
 
松江海洋センターの管理運営を受託
昭和57年7月
松江海洋センター第2体育館の管理運営を受託
10月
第37回国民体育大会(くにびき国体)
平成元年4・5月
松江市制100周年記念全国菓子大博覧会
平成2年4月
松江市北運動公園・北庭球場の管理運営を受託
7月
松江郷土館の管理運営を受託
平成5年4月
松江市営南運動広場の管理運営を受託
7月
埋蔵文化財の発掘事業の受託開始
平成10年4月
松江市立図書館の運営を受託
平成11年4月
松江市総合文化センタープラバホールの管理運営を受託
 
秋鹿なぎさ公園の管理運営を受託
7月
北公園ミニ遊園地の管理運営を受託
11月
松江市営野球場の管理運営を受託
平成18年4月
機構改革のため松江市営運動施設及び松江郷土館から撤退
平成25年4月
財団法人松江市教育文化振興事業団の名称を公益財団法人松江市スポーツ振興財団に変更して登記
平成26年3月
松江市総合文化センタープラバホールの管理運営から撤退
平成28年4月
松江市総合体育館の管理運営を受託
平成28年7月
名称を公益財団法人松江市スポーツ・文化振興財団に変更して登記

【定款】