「松江城下町遺跡(母衣町43-2)現地説明会資料」(平成27年5月)

Home > 主な事業 > 埋蔵文化財発掘調査受託事業 > 「松江城下町遺跡(母衣町43-2)現地説明会資料」(平成27年5月)

現地説明会 開催報告

5月30日(土曜)に、松江城下町遺跡(母衣町43-2)の現地説明会が行われました。前日の暑さとは打って変わって、涼しい風が吹く過ごしやすい天候の中、市民のみなさま、103名の方に参加していただきました。
午前10時に松江市歴史まちづくり部埋蔵文化財調査室長の挨拶、調査の経緯や概要について話があり、その後に調査担当者による遺跡の説明がありました。
今回は新聞などで、県内の長屋門としては最古の石垣を確認したと報道され、当時の屋敷の配置が伺える重要な発見となりました。
今後は下層部分での調査等により、さらなる調査成果が期待されます。
今回の現地説明会には、地元の方々をはじめ、島根県松江県土整備事務所、工事関係者の方々のご理解・ご協力により、たくさんの方々にご参加いただき、大変にありがとうございました。