埋蔵文化財発掘調査受託事業

Home > 主な事業 > 埋蔵文化財発掘調査受託事業

発掘調査を通じて埋蔵文化財の調査・研究などの業務を実施し、主な事業として発掘調査事業と報告書作成事業を行っています。
発掘調査事業は、松江市から委託を受け、松江市域における各種開発事業に伴う発掘調査を実施しています。発掘調査は、主に行政目的調査(記録保存調査)を主体として、旧石器時代・縄文時代・弥生時代・古墳時代・古代(奈良・平安時代)・中世・近世・近代の各時代を対象とする遺跡の調査を行っています。
報告書作成事業は、発掘作業から整理作業を通じて得られた情報を、客観的かつ的確に収録した報告書の作成が求められます。発掘調査報告書は埋蔵文化財のうち、現状保存の措置をとることができなかった遺跡に代わり、後世に残す記録の中で最も中心となるもので、松江市域の歴史・文化を考古学的に究明するための重要な素材となります。

令和5年度より埋蔵文化財発掘調査事業から撤退したため現在事業として行っておりません。

 

発掘調査事業(平成5年~令和4年)

過去の調査結果一覧

過去の現地説明会資料一覧